OUR SERVICE

EgoDivaができること

行動と検証を
ちゃんと繰り返し、丁寧にそだてる。
クライアントさま×EgoDiva  企画  Creative 制作  実施  Communication コミュニケーション  検証  Improvement 改善・向上 クライアントさま×EgoDiva  企画 実施 検証
  • Creative 制作
  • Communication コミュニケーション
  • Improvement 改善・向上
一社完結のワンストップソリューション
企画・実施・検証・改善提案のサイクルを確実に繰り返し、お客様のサービスや商材のマーケティングを循環させ育てていきます。企画〜実施までの制作領域、実施〜検証までのコミュニケーション領域、実施完了後の検証・改善領域、一連の流れを一社完結でお引き受けできることで、全体像を把握した、より最適なご提案や運用を実現できます。
「PDCA」という言葉は十数年前から主流になりましたが、マーケティング領域でPDCAを”本質的”に運用できている例はまだまだ多くはありません。まだまだ小さな組織ですが、小回りがききます。確実に仮説と検証を繰り返し、螺旋状にマーケティングの輪を広げていきます。
OUR STRENGTH

EgoDivaの強み

他社さんとの違い

他社さんとおなじ

サポート項目
  • 企画
    • ・与件整理
    • ・課題の抽出
    • ・目標/KPI設定
    • ・施策提案(コンテンツ・広告)
  • 実施
    • ・進行管理
    • ・コンテンツ設計
    • ・クリエイティブ制作
    • ・広告配信、運用
    • ・SNS運用、キャンペーン
  • 検証
    • ・検証ツール運用
    • ・レポーティング
    • ・レビュー、改善提案
    • ・ネクストアクション実施
他社さんとちがう!
\ とはさせません! /
“一社完結”だからこそ一部始終を把握できる体制
企画、実施、検証、一連の流れの中で数社をまたいだ体制の場合、”コミュニケーションの二度手間”や、タイムロス、課題の取りこぼしがうまれます。
一社完結の体制だからこそ”一部始終”を把握し、より本質的なご提案を実現します。
\ とはさせません! /
“完全オーダーメイドプラン”をご提案
弊社では予算の大小関わらず、「まずお客様の解決すべき課題は何なのか」を一緒に見つけていきます。課題を明確にし、それを解決するために予算内でどんなプランニングが可能かの最善策を考え提案します。
OUR PRIORITY

EgoDivaが大切にしていること

圧倒的本質主義
購入者  買った場所と使う場所は別だったり 利用するのは別の人だったり 購入者  買った場所と使う場所は別だったり 利用するのは別の人だったり
ユーザーの先にある景色を想像して作戦をたてます
マーケティング戦略を考案する上で、常にEgoDivaはユーザーが見ている景色を想像しながら試行錯誤していきます。
例えば、ECサイトであれば「購入ユーザー自身」の属性にフォーカスした施策に目がいきがちですが、実は購入者と実際の利用者は別々だった、ということは珍しくありません。また、先入観から新たなターゲット層を見過ごすこともあり、「禁煙希望者をターゲティングしていたけど、実はその隣にいる「夫に禁煙してほしい妻」の方がCVRが高かった。という事例もあります。弊社では常に現状を見つめ続け、新たな発見や発掘を繰り返すことでクライアントさまご自身も知らなかった新しいエンドユーザーや商材のPRポイントがご提案できると思っています。
OUR RESULTS

お取り組み実績

SNS広告運用
  • 案件商材:女性向けアプリケーション
  • 実施媒体:Twitter、Tiktok
  • 施策目的:アプリインストール数促進
  • 施策内容:Twitter広告、Tiktok広告
  • KPI:CPI (インストール単価)
  • 改善ポイント:ターゲットに最適化したターゲティング設定の見直し
実施前
CPI(インストール単価)
800円
実施後
CPI(インストール単価)
400円
SNS公式アカウント運用
  • 案件商材:生活用品EC
  • 実施媒体:LINE公式アカウント
  • 施策目的:EC注文件数増加
  • 施策内容:月4回のプッシュメッセージ配信
  • KPI:1,500件 / 月
  • 改善ポイント:商品の訴求をユーザー利用シーンの視点にたった
    クリエイティブ、コピーに変更
実施前
EC注文件数
1,221件
実施後
EC注文件数
1,632件

お取引企業様

  • DMM.com
  • Geniee,Inc.
  • GMO NIKKO
WE ARE HERE

未来を一緒につくりましょう。

どんな施策をすべきか方向性が決まっていなくても、
お気軽にEgoDivaを呼び出してください。
「課題はなに?」というところから一緒に見つけていきましょう。